佐々山は年をとり、すっかりワンカップが似合う親父へと変貌を遂げます。


21xTEv3a1JL

 

中山競馬場近くの立ち飲み屋で、若造とともに、ワンカップを飲むシーンがあります。

 

若造がワンカップの開け方にまどっていると、

 

佐々山は、「俺も、以前は開け方を知らなかったよ」と言って、なれた手つきでアルミリングプルを引きます。

 

酒つながりで、若造がこう話をつなげます。

 

どっちがおいしいですかね、ゴラ族のお酒と比べて。僕も飲んでみたいな。どんな味がするんです? 彼はどうなんだろう。飲んだことあるのかな?」

Palm+wine+Kona+Cafe+and+Grill

 
 

 ここで、出てくる彼ですが、パウロのことです。

 

 リベリアにいた時代の狙撃手パウロの伝説が明らかになります。


詳しくは、『パウロの後継完全版』にて!